とある飛行士への追憶

今更ですが、やっと読めたので……。

基本はファナとシャルルの冒険譚です。一番近いのは……「アリソン」?
まああれとは方向性自体が違う訳ですが。

うんまあ相変わらず馬鹿の一つ覚えですが面白かった。
こう思うことは大切だと思うんですが、製作者サイドとしては批判的なこともしなきゃいけないのかなと思ふ今日この頃。
嘘だけど。

いわゆる”上層部”の馬鹿な行いに憧れます、といっても書きたいという意味であってああなりたいわけではありませんが。


ところで、ギャグと陰鬱と恋愛とのんびりとを同時に読み進めることができる人っているんでしょうか……?



[PR]
by aftschool-student | 2009-06-29 22:30 | 感想文