硫黄島から

皆既日食が凄いです。
コロナやプロミネンスが容易に観測できるというのは本当に感動ものです。
ダイヤモンドリングも素晴らしい……!
TVの中ですら感動できるのですから本物はどれだけ感動的であることか……!
水星や金星といったものが見えることはわかっていたのですが太陽の向こう側の星は見えたのでしょうか?

太平洋上での中継も……!
ダイヤモンドリングううううう!
水平線上が赤くなるのはそちらの方向では赤外線のみが通過してくるからですが……!
つまり普段見ている夕日や朝焼けと変わらないはずなんですがこれほどまで違うとは……!
シリウスも見えるんですね。
“真昼の夜”ですよ。
次に見れるのが26年後と言っていますが日本国外なら見れるんですよね。
360度水平線……、綺麗です。
「言葉で言いつくせない」という言葉が此処まで似合う物も珍しいですよね……。
そう、冬の星座が見れるということを忘れていました。
奇怪であり、幻想であり、茫洋とした光が私たちの心を掴んで離さないのですよ……!
そして再びのダイヤモンドリング……!
突然明るくなるようすがたまりませんよ!
でもすぐには光量はほとんど変わらないんですね……。
これからゆっくり戻って行くのでしょう。
いいなぁ……!
皆既日食、死ぬまでには生で見たいものです!
絶対!

あ、業務連絡ですが……、
これが250記事目らしいです。
ついでに多分訪問者2000人越えです。
皆既日食を惜しみつつ、学校に行く用意をしながら本日は失礼します。
それでは、また夜にお会いしましょう。

以上!!


[PR]
by aftschool-student | 2009-07-22 11:44 | 日記