エヴァといったらカヲルくん。

アニメタグと思わせて雑記タグ。
今夜は2:20までは起きているだろうるっぴぃです。
一度文が消えて涙目。

さて今日はルーラーさんのところでも似たような話題が取り上げられていますが多分創作論。

私はこういう創作活動を始めて3年目ぐらい(間に半年ほどの休みあり)ですが、一貫して治らない癖があります。
読む人のことを考えないということです。
ぶっちゃけ私の作品は読みにくくないですか?
多分最高峰は【四季・冬】(改行&台詞少なし、文章量多し)だと思うのですが、まず何を伝えたいのかすらわからないということもしょっちゅうです。
キャラは崩壊し伏線は存在せず、完結なんて殆んど迎えていません。
まあこれだけ言うと何だか励ましのお言葉が来そうなので言っておきますが、今現在はそれでいいと思っています。
もっと良くしろよ、と言われるかもしれませんが、どちらかというと今は挫折を味わうことを主眼に置いて書いている気がします。
正直、自分でも筆力が足りないことはわかっていますし、どうすればよくなるのかも漠然とながらわかっています(小さいころから漫画家を目指しているにもうとがいますしね……)。
ただ、私は今まで自分がいろいろな経験をしてきたかというとそうではなく、特に挫折というキーワードについてはあまりにも経験値が足りません(というと誤解されそうですがこれは私が超人だからではなく、妥協の結果だとお考えください)。
文章技術の確認も兼ねて修行中、見たいな感じですね。

で、本題の‘私の創作論もどき’。
正直言ってまだ決まっているとは言えません。
でもなんとなくわかってきたことがあります。
「自分で書いていて楽しい事と、読者が読んで楽しい事は違う」。
当たり前すぎて千差万別なんて言葉を使う意味もないくらいです。
で、そこでどう対応するかで私の今後も決まりそうなんです。
すなわち趣味を追い求めて同人誌に走るか、読者のことを考えて投稿の道に走るか。
多分どちらも茨の道でしょうけどね。
それとまぁ「伝えたいこと」。
このテーマだけで2か月は悩み続けることができそうです。
いつかなにがしらの決断を下せるようになりたいものですね……。
なんてことをHow to本で考えていました。

あ、頑張り物語はアップ、明日になりそうです。
レポート用紙1枚分は書いたんですけどね。

それでは。


[PR]
by aftschool-student | 2009-08-02 01:45 | 日記