読んでいて

もはやタイトルがそれだけでは記事の内容を判別できないようになっていますが伝勇伝を読んでいて思ったことをば。
ていうか伝勇伝で一発変換できるよ……、登録してないのに……。

これを始めて読んだのが中3ぐらいで今から5年ぐらい(?)前なのですが、それからは大分考え方が変わっていて、それを読んでいる中で実感させられます。
特に私は「成し遂げなければならないこと」というテーマに随分と弱くなってしまったようで5巻までで既に泣きそうです。一度読んでいるのに!
ライナの「昼寝をしていれば皆が笑っていられるような世界」を始めとしてこの作品には沢山の主義主張が出てきますが、どれもこれも感情移入してしまって……。

5年前の自分にとってこれは成長と言えるのかな、と考え込んでしまいます。

昔よりかは竜騎士さんの作品を通じて考えて読む、と言ったことを増やしてきたのですが、成長と言えるといいな……。
黄昏の影響も強いんでしょうね。アニメも見る本数がかなり増えましたし、それも関係しているのでしょうが。

まあ何が言いたいかというと、きっと小4ぐらいの自分を否定する言葉なんでしょうが……。
式見さんちの蛍君の言葉を借りて(正確には言ってないけど)……。

「生きてるって、尊い」
[PR]
by aftschool-student | 2009-09-27 23:38 | 日記