主語

英語をはじめて習ったときに、真っ先に違和感を覚えることと言えば、必ず主語を入れねばならないということであった気がする。
それはフランス語になったときも変わらず付いて回ったのだが、主語を省略してもいいと言う日本語の観点からすれば、到底許しがたいことにおもわれた。
その頃だった。私が欧米語には必ず主語をつけなければならないという錯覚に陥ったのは。

今日、イタリア語の授業を受けてほっとしました。あ、主語つけなくてもいいんだ……。

個人的には日本語が一番だけどね! 男女の性別を考えて発言する必要がないって超便利!
フランス語とかイタリア語とかラテン語(?)とか……、名詞の性別知らないと話になりませんからね……。

と言うわけで最後に一言。
明石さんと主人公かわえええええええ!

それでは。


[PR]
by aftschool-student | 2010-05-07 21:19 | 日記