記憶喪失

いわゆる記憶のことについての講義を受けてきたわけですが、気になったことが一つ。

一般的に記憶というのは名前と意味を結びつける「意味記憶」、特定の時間と場所に結びついた「エピソード記憶」、そして何度も繰り返された習慣(例えばピアノだったりキーボードだったり)を体が覚える「手続き記憶」の3つがあるそうで。
その上で記憶喪失、これはエピソード記憶から消えていくらしいのですが……。

ここまでは前置きで、皆さんに思い出していただきたいことが一つ。

"記憶喪失者が真っ先に言う一言といえば?"

まぁ大体の人が同じことを思うのでしょうが「私は誰? ここはどこ?」ですよね?
ちなみに私は「私はどこ? ここは誰?」というひねくれっぷりでしたが……。

そうすると気になることが一つ。

"自分の名前、人の名前はエピソード記憶なのか?"

意味記憶だとするなら、何度も何度も繰り返しているためそう簡単には忘れないはずなのですが……。
でもエピソード記憶ほど偏在的な記憶でもないはずだし。
うーん、とりあえず図書館で本でも借りてこようかな……。一冊ぐらいはあるだろ……。

というわけで気になったことを報告してみた。
なんか「ここ」っぽい感じがしたね!←

ではではー。


[PR]
by aftschool-student | 2010-07-08 12:22 | 日記