ふうせんかずら

ココロコ4巻まで読了しました。
うん、今月半ばまであんまり買う気なかったシリーズが最新刊までそろうってどれだけだろうね!
でもやっぱり可愛いんだ。太一はなんだかんだみんなのこと考えてるし、稲葉と伊織の太一の取り合いもなかなか見ててかわいハラハラするし、唯は名前だけでもう某軽音楽部ですしね。青木? ああ、3巻格好いいよねw

ちなみにですが一番好きなのは間違いなく八重樫妹です。八重樫妹なんです。八重樫妹が大好きだああああああああああああああああああああああ! 大事なことなので3回(ry

だってねぇ? 宿題見てよ! って言う妹に悪い妹はいませんよ! どれだけ悪ぶってみても性根はいい子なんですよ一般論として!
そういう意味でみても素晴らしい! 初詣で兄を見つけちゃった時、周りに女の子が3……いや2だっけ? 人いたということで漢カタメールを素早く送るその技能! 間違いなく惚れました!
あと藤島さんもいいよね百合いいよね百合。いや伊織には太一エンド迎えてほしいんだけどさ!

……ふぅ。やっと言いたいことを言いたいだけ言えた……。
というわけで本題です。ふうせんかずらです。
今の話についてこれた方じゃないと間違いなくついていけないだろうと思いますので(多分Wikiとか見ただけじゃだめだと思う。そしてネタバレ注意)、閲覧時要注意です。
そして考察久しぶりだよ考察楽しいよ考察。
では改行して行ってみましょう。改行はRSS対策ね!














ふうせんかずらについてざっくり考察です。あとめんどくさいんでカッコつけませんがあしからず。

命題 ふうせんかずらとはなにか。

怪しいですよね。ふうせんかずら。唐突に人の意識を乗っ取ってあらわれてくる奴。まぁ今は意識乗っ取りについては置いておきましょう。原理なんて考えても理解できないだろうし……。
まずはふうせんかずらの行動から……。

ふうせんかずらは"面白い"ものにしか長く付き合う気はない

これはほぼ間違いないでしょうね。何度も何度も繰り返し作中に出てきてますし。そうなると問題は彼らにとって何が面白いのかって言うこと。こっから先2番目とふうせんかずらを合わせてAと呼ぼう。打つのめんどくさい。
Aにとって面白いことは何かというと、間違いなくあれですよ。怪奇現象を巻き起こして文研部の行動を見てることですよ。酒おいしそうだなぁ……。
じゃあ2番目とふうせんかずらにとっての面白いものは一緒なのかというとそんなことはなく。3巻を読めばわかるとおり割と違うみたいですね。2番目の方がドSっぽいというか。ひたすら困らせて笑ってるみたいな気がしたんだぜ……。今度酒飲みに行きたい。じゃあ一方でふうせんかずらはどうなのかというと、1巻時点では割かし2番目みたいなことしてた気がするんだけど2巻以降明らかにイメージが変わってるというか。まぁおいおい語るとして次。
そうそう、2番目との違いはというとそもそもあの二人、別の派閥みたいな会話してましたけど、それ以前に下手したら別種なんじゃないだろうかってくらい違いますよね。基本的なルールはあるみたいだけどさ、ふうせんかずらが精神系の嫌がらせ(1,2,4参照)をしてくるのに対して2番目は物理的なアプローチをしてきた。それ以外にもいろいろあるけどこの二人だけを見てもタイプとしては全然違うし、Aは結構大きな集団じゃないかと思う。割と結論がどうでもよかった。
あと多分稲葉の言ってたAの活動は人にばれちゃいけないって言うのは当たってる。稲葉が言ってたこともそうだし、3巻でのふうせんかずらの行動を見てもそうなんじゃないかなって思う。
そもそもふうせんかずら、時間退行については一部始終見てたんじゃないかと思うんですよね。ふうせんかずらにとって人格交換がたまたまの悪意だとしたなら、欲望解放は見極めに近いんじゃないかと思う。そしてふうせんかずらは5人をいたく気に入って、ずっと見てた。病んでそうね。そして時間退行で、【冬休みが終わって彼らの時間退行がごまかしきれなくなりそうだとわかったから】2番目を退けた。あ、退けた際に仲間とかとの交信はなかったし、お互い一匹狼なのかも。あるいは2番目は上から命令されただけで、でもふうせんかずらは単独行動している変わりものなのかもしれない。
そういえばふうせんかずらはAの人たちに面白くなってるとか言われてたみたいですがどこがどう変わったのやらとおもってたところで4巻ですよ。4巻は意外と変わりまくってるので何となくわかります。
というか4巻はふうせんかずら完全に悪意なんてなかったよね。ただぼーっと見てただけだよね特に前半。たまたま2/14にかかって事態がややこしくなっただけだよね。しかもそのあと3人と接触したりしてたけどまるで何かを確認するみたいだったよね。
じゃあそれぞれの事件をふうせんかずら側から再構成するとどうなるか見てみると(ヴィクトリカ入りましたー)、人格交換は明らかにお仕事というか事務作業みたいな感じ。めんどいとかいいまくってるしね。そして欲望解放が確認作業。おもしろすぎた人たちが次回以降も面白くあれるのかどうかみたいなにおいがする。そして時間退行は傍観、ただし観察対象が観察対象の資格を奪われることのないようにみたいなところはあったよね。で、感情伝導はどうもこれからどうするかを確認するための作業っぽい印象。
あぁもう駄目だ眠い。明日以降にしようもう書かない気がするけど。←
しかしあとは1,2,3,4と太一たちがどんなふうに変わってきて、それがどんなふうにふうせんかずらにとって面白く感じられるのか、そしておもしろくかんじるふうせんかずらはどこが変わってどう面白くなったのか。とかまとめればいいのかな。
あとこれ本当に需要……はなくてもいいけど考察として成り立ってるのかな? 人がどれぐらい深くまで読み込むか分からないからいまいち自信がもてないんだけどまぁつらつら書いてるだけと思えば雑記タグでもいいかなとか思ったのでいいや。

ではでは。

リクエストをする
[PR]
by aftschool-student | 2011-01-29 01:13 | 考察