あかねちゃんシリーズるっぴぃ執筆分の裏話

ツイッターのみで告知してたんですが、あかねちゃん第15話『みどりちゃん』が【宝箱に水を】内特設ページで更新されています。
ホラーテイストな作品を書こうというコンセプトで始まったこの企画も思えば15話まで来たんですねぇ……。

その中で私が書いた作品は三つめです。

04.るりちゃん
11.みずあそび
15.みどりちゃん

今回はこの中に登場する「るりちゃん」「みどりちゃん」に関する裏話です。
性質上ネタバレが多く含まれますし、書く予定のない情報も含まれる完全に執筆者向けの記事になります。
それでもいい方はMore以下よりどうぞ。





☆名前の由来

るり:一目見てわかるとおり、「る」のつく名前にしたかったのです。それ以上に深い意味はありません。漢字で書くと瑠璃になります。
みどり:漢字で書くと未鳥(ひつじとり)になります。ひつじと、緑色の二つをかけているだけで、鳥の字に意味は(ry

☆『みどりちゃん』で何が起こったのか結局よくわからなかったんだけど

筆者は以下のつもりで書いてました。

あかねちゃん小学校低学年:みどりちゃんと出会う。
何回かの年越しの後:みどりちゃんが出てこれるかもと言っている。(ここだけあかねちゃんの発言に漢字が混じっています)
みどりちゃん降臨:この時点で、みどりちゃんがあかねちゃんの体に、あかねちゃんがるりちゃんの体に入っていますが、みどりちゃん以外は気づいていません。(これ以降、あかねちゃんの発言から再び漢字が消えます)
誕生会:プレゼントの鏡であかねちゃんはやっと事態を把握します。

ところで、この流れだといろいろ書いていないことがあって、たとえばるりちゃんとみどりちゃんの関係(あかねちゃんが小学校低学年の時にすでにるりちゃんが生まれている)、みずきちゃんやきの人を初めとした人たちが気づかないものなのか等は特に決めていません。私の中では、もうすでに全部手中に収めてた説が濃厚ですが、演技がうまかっただけかもしれません。
あと、本文中に書くのを地味に忘れてましたが、お誕生日会では「あかねちゃん」という地の文が、「みどりちゃんinあかねちゃん」「あかねちゃんinるりちゃん」のどちらを指すのか考えてみるのも面白いと思います。そのまんまですけど。

☆誕生日プレゼントがやけに細かく指定してあったけど、意味があるの?

とか聞いてくる人がいたら、どれだけ私の作品を読み込んでいるんでしょうね。まぁ確かに、普段なら誕生日プレゼントもらったよくらいしか書かない気がします。
一応4つそれぞれに意味があって、とくに初めの三つは

くまのぬいぐるみ→肉体
ハートのクッション→精神
星形をあしらった首飾り→魂

に対応してます。要するに、これらはこの場にいないるりちゃんを暗示しようとしていたなれの果てです。
ちなみに、いざとなったらあかねちゃんを押し込むためのうつわでもありました。
出番がなくて何よりです。

それから鏡は、真実の象徴です。これを覗き込んだあかねちゃんは、自分の体がるりちゃんの物だということに気付きます。ただ、あくまでみどりちゃんの渡した真実なので、るりちゃんと自分がどういう関係だったのかは、思い出すことができていません。
……鏡にもうちょっと意味つければよかったかなぁ。

☆で、結局るりちゃんって何者?

るりちゃんには、「人魚」や「鬼」のようなわかりやすい記号がありません。
しいて言うなら、「人間」が近いでしょうか。
ただ、必ずしも普通の人と同じであるかというとそうではなく、散々巻き込まれていることからもわかるとおり、あかねちゃんと同じようにそういったものにつけねらわれやすいという性質を持っているようです。
少なくとも本編中で二回乗っ取られ、一回は行方不明ですし。

☆じゃあ『るりちゃん』は?

おそらく何かに乗っ取られているのでしょう。執筆時は悪霊という設定でしたが。
少なくともるりちゃん単体では、基本的に最弱です。性格的にも年齢的にも他のキャラクターとギャップが激しいですしね。

☆じゃあみどりちゃんは何者よ?

作中で本人が言ってたように道祖神、道の傍らに祀られた神のなれの果てです。
多分、もう敬われてはいないのでしょう。そのまま消えるはずだったものが、そばにあかねちゃんとるりちゃんがいたせいでああなった、みたいな感じだと思ってます。
素の状態だと、多分妖怪組最弱です。ただ、あかねちゃんるりちゃんのそばにいるとだんだん強くなります。
たぶん。

もうだめ、つかれた。
後何かあったらまたあとで書き足します。
[PR]
by aftschool-student | 2013-07-24 18:16 | 創作