人気ブログランキング |

今日の座談会

悠菜「皆さん、もちー!」

セナ「え、も、もち?(じゅるり、と唾を飲むような音)」

悠菜「というわけで今日も颯爽と人のブログを乗っ取る双子の姉のほう、泉悠菜と」

セナ「え、えぇ、自己紹介……? えっと、セナって言います。よろしくお願いします」

悠菜「というわけで今日はこんな二人にあちこちからゲストを募って(予定)座談会をお送りしまーす!」

作者「というわけで一言だけ管理人です。悠菜のことを知らないこのブログ読者は(多分)いないと思うけど(特にチャットにいる人たち)、セナのことは多分知名度がばらばらだと思うのでせっかくだし両方既出作品一覧を」

泉悠菜
御存知ルーラーの館で開催中の大型企画彩桜学園物語の主人公泉悠真の双子の姉。作者のブログ空っぽの宝箱にある座談会をるっぴぃが呼んでからというもの、すっかり彼女のキャラクターに魅了されてしまった。たまに書く座談会でも持ちキャラたる光太やら瑠璃を押しのけて参加してくるほどである。

セナ
2月末から3月頭のどこかで藍流さんがTRPG会を提案した。その際、るっぴぃが作ったオリジナルキャラクターである。1回目にして攻撃を7割以上外し、攻撃や回避を行うたびこける・つまずく・殴られるというドジっ娘属性を得る。2回目以降のセッションでは呪われた剣を引き抜いて呪われたり、ゴーレムを燃える刀で一刀両断にしたりと次第に主人公属性が……。ちなみに性別は男の娘。白いワンピースを着ても全く違和感がないという。あとサムライなので刀持ってます。病弱で、双子の姉も同じ病気で亡くしてます。食べ物には目がありません。公式設定はこちら。わからない人は飛ばしても問題なし!

作者「というわけでるっぴぃからの補足説明でした。それでは続きをどうぞ」





セナ「な、何を話せばいいんでしょうか……?」

悠菜「うーん、今回は作者が(生みの親と)違うからね、そういう意味ではセナちゃんが好きに進めればいいと思うよ?」

セナ「す、すきにですか……」

悠菜「そうそう、派手に暴れちゃえ!」

悠真(ってお前セナさんいぢって遊びたいだけだ……バタリ)

セナ「え? え?」

悠菜「うん、なんでもないからセナさんは好きな話題でも考えててね。(悠真にだけ聞こえるように声を落とし、微笑んで)もちろん♪ なんなら悠真も参加していいんだよ☆」

悠真(謹んでご遠慮させていただきます)悠真、退場。

セナ「そういえば冒頭の【もちー!】っていうのはなんだったんですか?」

悠菜「ああ、あれ? 作者が運営してるチャットでの恒例の挨拶。あたしの生みの親が入り浸ってたときに書いた座談会で言い始めてから、つい言っちゃうようになったんだよね」

セナ「そ、そうなんですか……。それにしてもその挨拶、おいしそうですよね……。お餅と言えばお正月というイメージがありますけどやっぱりそれだけじゃないと思うんですよ。お餅っていつ食べてもおいしいですしね! 醤油・おろし大根・納豆・小豆・黄粉、お汁粉やお雑煮に入れてもおいしいですし、噛み応えも満腹感もご飯やパンとは比べ物にならないですよね! ボク自身はお餅つくのに機械を使っちゃうんですけど、いつかは臼杵でお餅をついて熱々の内に食べてみたいなぁなんて思ったりもしてるんですよ。蓬・桜みたいに色をつけるのももちろんありです! お餅こそ世界に誇る日本の文化だといっても過言じゃないです! ……ってあれ? どうしたんですか、悠菜さん……?」

悠菜「(スタッフに向かって小声で)ちょ、ちょっとなにかお餅持ってきてー! (セナに向き直り)い、いやちょっとびっくりしちゃって……。あ、ほらいいところにお餅があったみたいだから、せっかくだから食べましょう、ね」

セナ「え、お餅ですか!」

スタッフ「お餅もって来ましたよ~、ってあれ? 悠菜さん?」

悠菜「あ、光太君。よかった……、これで心置きなくボケられる」

スタッフ改め光太「ボケるのかよ!」

悠菜「いやーやっぱ楽しいほうがいいよね!」

光太「ってあれ? もう一人今いなかったっけ?」

悠菜「え? セナさんならそこに……」

▼セナは おもちを のどに つまらせて たおれている。

光太「どんだけお約束なんだあああああああああああああああああ!」

悠菜「怖いのはさっき持ってきてもらった山盛りのお餅がもう、あらかたないことだよね……」

====しばらくお待ちください====

火浦光太
すき焼きのにぢるのリレー小説において主人公を務める少年。……だったはずなのだが作者からは放置され、作中では存在感の大きすぎる約二名に話題を奪われ、その上能力自体も(今のところ)活躍の兆しもないというなんだかなぁな存在。作者ですらキャラを忘れ、読み直さなければならなかったのはAprilfoolの嘘である。

====しばらくお待ちください====

光太「セナさんを介抱してる間に俺の紹介が終わっている……」

セナ「あ、ありがとうございました……。ごめんなさい」

悠菜「さ、さて、せっかくだし何か話そっか! 共通の話題は、と……」

光太「……」←異世界トリップファンタジー主役

セナ「……」←異世界ファンタジー主役

悠菜「……」←恋愛小説番外編主役

全員「……」

セナ「あ、あの……」

光太「いや、いいんだセナさん。わかってた……。この面子じゃお互いに共感することすらままならないって……」

悠菜「うーん、せっかくだし光太のデータ作ってみる? アリアンロッドの世界観で」

光太「!?」

悠菜「いやー、あたしは作者の持ちキャラじゃないから作れないけどさ、光太なら作れそうかなーって」

セナ「そういえば他にも作られてた子がいたような……」

悠菜「よしじゃあ決まり! (間髪おかずにシートを取り出し)というわけで作られたのがこれでーす。」

作者注:このデータ、あまりにも能力が平均値過ぎて、剣で斬っても(魔眼で)魔法を撃っても微妙にあたりづらかったりダメージが少なかったりする上、相手のダメージもあまり防げないというなんともなぁな出来なのである。

光太「はやっ!」

悠菜「ふっふっふ、あたしにかかれば作者を動かすことなど造作もないのだよ……」

光太「いや、どちらかというと作者も嬉々としてやりそうだけどな……。どれどれ?」

セナ「えと……、メイジ・ウォーリア?」

悠菜「んー、魔法戦士ってところ?」

光太「それにしても小説を基にしてるからかもしれないけど、能力値が微妙だな……。前衛にしろ後衛にしろ、能力値が中途半端すぎて……」

悠菜「まぁ仕方ないんじゃない? そういえば……、っと(かばんをあさる)。こんなものもあったわ」

作者注:このデータ、るりちゃんだけあって魔法使いである。ひたすら魔法を当てることだけに特化しているので、ダメージは普通。

セナ「ヒーラーさんですか!」

光太「るりちゃんならそうなるかな。ってあの作者どれだけキャラ作ってるんだ……。嵌りすぎだろ……」

悠菜&作者「まぁでも光太よりは使える」

光太「ぐああああああっ! 何で作者が出てきたあああああああああああああ! バタッ」

悠菜「愚問ね。面白いところがあればでしゃばるのがあたしたち!」

作者「さて、光太が倒れたところでいったんシーンを切ろう」

セナ「な、なんでGM仕様……?」

====しばらくお待ちください====

====しばらくお待ちください====

====しばらくお待ちください====

====しばらくお待ちください====

====しばらくお待ちください====

====しばらくお待ちください====

====しばらくお待ちください====

====しばらくお待ちください====

====しばらくお待ちください====

====しばらくお待ちください====

====しばらくお待ちください====

====しばらくお待ちください====

====しばらくお待ちください====

====しばらくお待ちください====

====作者ネタ切れにつき、もうちょっとだけ続くんじゃ。

====しばらくお待ちください====

====しばらくお待ちください====

====しばらくお待ちください====

====しばらくお待ちください====

====しばらくお待ちください====

====しばらくお待ちください====

====しばらくお待ちください====

====しばらくお待ちください====

====しばらくお待ちください====

====しばらくお待ちください====

……
by aftschool-student | 2011-04-01 11:58 | 創作